Category未分類

やっぱり、なめこが最高です

旨味は顆粒の日本だしを使わず、鰹節を2・3食分で1企画って多めに消費。
敢然と煮立て味わいを出してから持ち上げ、とにかくめんつゆも掛けて食べます。
食感を残すためにもやしが半透明くらいになったら溶き卵となめこを入れてかき混ぜ、卵がふかふか固まったら火を消して味噌溶いて形成。

何かとみそ汁を作って飲んでますが、まずの最適解を検知。
なめこ・もやし・卵のみそ汁が、私の舌には特別あっていると思いました。

なめこというもやしのみそ汁はぬるぬる空気といったシャキシャキ空気で前から博士でしたが、溶き卵を来れるってふわりした食感が割増されて、別途良くなりますね。
みそ汁に卵って、みたいな風に思ってましたが、二度と短くやればよかったと後悔してます。

難点は、一切痛み易いツールなので、内容おきがしにくいんですよね。
みそ汁って噴出させるといった悪臭が飛んじゃうので、火にかけて痛む前に滅菌、ってしにくいですし。
おそらく温めなおす度に悪臭が飛ぶと考えるって、間もなく食べきってまた新しく作り上げるほうが、嬉しいみそ汁を喜べるのかもしれませんが。

専用のスーファミターボ

ぽいぽい忍者ワールドという娯楽が往年スーパーファミコンで発売されていました。
通常のカセットとは違って、専用のスーファミターボと呼ばれる機具を通して読み込まれるシステムで
当時ポピュラーを呼びました。ディスプレーのなかばを2つのカセットでshareしはまるという新奇があったのですが、

只あまり活用されていなかったような記憶があります。組織としてはボンバーマンに似ていて、相手に石や爆弾をぶつけて体力が無くなるまでのサドンデス競合になります。ちょっと違うところは自陣があって、そこを損傷されてもアスリートが死んで仕舞うという項目ですね。

また、使用する気質によってステップや体力が異なるという感じをもっています。お話ムードで開放しないと使えないキャラとかもいて、仇敵のときはチートだと映るくらいに強かったタイプも自分で使ってみるとそばが雑魚すぎてバカバカしく向かうというのが印象的でした。
全体的には結構面白くてやりこんだ覚えがあります。エディットモードでオリジナルの課程を焼けるのも楽しみな要素です。

レインボーブリッジを歩いてみた

東京都多摩地区に在住しているのですが、先日ふと海が見たくなりました。
住んでいる場所が場所なので、海を見に行くのは結構覚悟と予算がかかります。
覚悟はともかく、予算はかけたくないな、と考えた結果、原付で2時間かけて見に行くことにしました。
地図を頼りに、せっかく行くのだからレインボーブリッジも見るべ、と八王子市から港区を目指し、ようやく到着。
全く知らなかったのですが、レインボーブリッジって歩いて渡れるんですね(そりゃそうか…)。
そりゃ渡らにゃ損でしょ。1㎞に渡って海を眺めながら散歩できる機会はそうそうないわ、とお台場へ向かって行軍開始しました。
ベイサイドのビル群の隙間からスカイツリーも見え、予想以上の東京観光を満喫させていただきました。
まぁ、レインボーブリッジの入口で「北ルートでお願いします」とか言われて、「いったい何のことだ?」と思っていたら、
橋の片側、晴海ふ頭側の歩行者ルートしか解放していなかったのは残念でしたが。
このレインボーブリッジの歩道は北ルート(東京湾の内側が見える)と南ルート(東京湾の外側が見える)の2本あるのですが、それぞれにエレベータで登る仕様となっているですね。で、節電の関係かさだかではないですが、南は封鎖、となっているようです。
これもしかしたら日替わりで解放ルートは変わるのかなぁ。
でも、お勧めの散歩ルートには違いないですよ。ちょっと行きづらい場所ですが。

やっぱりこれはシンクロニシティ?

自分としてはもう過去の人として、
ちょっと嫌な思い出とともに【ごみ箱】に削除してしまいたいのですが、
しがらみに負けて勇気がでず、年賀状のやり取りを延々にしてしまっている人っていませんか?
私は若干名いるんですけど、そんなある人から昨日、引っ越ししましたハガキが届きました。
ちょうど今、本田直之さんの「ゆるい生き方 ~ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣~」って
いう本を読んでいるのですが、それによると「年賀状」ってけっこうなストレスの源らしいんです。
ストレスフリーに生きたいなら年賀状はやめた方がいいってことでした。
本を読みながら「お~、なんじゃこりゃ、微妙すぎる(おろおろ)」と届いたハガキを見つめる私。
自分のあまりに軟弱ものすぎる動揺っぷりに、思わず苦笑いしてしまいましたよ。
やっぱりこれって、例のシンクロニシティってやつなんでしょうかねぇ。
只今、「よしっ!勇気を奮い起こすんだ自分!!がんばれ自分!!」と絶賛エールを送り中(笑)

きゅうりの浅漬けは美味しいです。

私は東北北部に住んでいます。大雪や気温が低い日が多い為に、野菜の苗を植えるのも、5月くらいから始まります。うちの畑のにんじん等も、最近芽が出て来た所です。そろそろ、きゅうりの苗もホームセンターで購入し、植えようかなと思っています。
そうしたら、近所の、きゅうり農家さんがいて、3月下旬雪消しをしてハウスの準備をしていたと思っていたら、つい最近(5月下旬)に初もぎきゅうりを持ってきてくれたではありませんか。本当に、ハウス栽培の促成する力には驚きました。きゅうりにはカリウムが豊富に含まれており、むくみ解消効果があるみたいですよね。また、成分のほとんどが水分みたいですね。夏にピッタリの野菜です。
うちでは、万能白だしに塩を入れて、簡単にきゅうりの漬け物を作っています。そんなにしょっぱくしないので、サラダ感覚で食べられます。子ども達も大好きで良く食べてくれますので、おススメです。さっぱりしてお口直しにも最高です。

お出かけはイオンがいいですよね。

私にはイオンに行くと必ず家族で癒される場所があります。それは、皆さんご存知かもしれませんが、「ラウンジ」です。「ラウンジ」とはイオンゴールドカードを持っていれば、家族も入室できます。限られたお客様だけへの無料サービスです。先日も、ショッピングに疲れ、立ち寄りました。すると、トップバリュー製品のお菓子数点(柿ピー、おせんべい、チョコクッキー、あめなど)を提供して頂きました。もちろん飲み物はサービスです。トップバリューの100%ジュース類、野菜ジュース、アイスコーヒー、ホットコーヒー、紅茶、緑茶などが自由に飲めるのです。だから、イオンは大好きです。
それに、ゲームコーナーの前では、子ども達にメダル10枚をサービスしてくれ、チョコまでもらい、少しメダルゲームで遊んできました。子ども達も大満足です。ファミリーでお出かけするのにもってこいの場所ですよね。
昼食は、フードコートで、各自好きなお店から、昼食を購入して食べるのが我が家のお決まりで、分け合いっこをして楽しみます。

バックはその人の個性や人生を表すと思います。

私は37歳の専業主婦です。ネットでとあるブランド品の高価買取のお店を見て、最近利用しています。この辺の田舎の買取店と比較しても断然高価格で買い取ってくれますので、おススメのお店があります。つい最近も、昔使っていたヴィトンのスピーディーというボストンバックを売却しました。やはり、ヴィトンはここ数年どんどん値上がりする一方で、値下げをしたり、セールをしたりする事もありませんよね。ですので、ほかのブランドに比べると、比較的高い金額で買い取ってくれるのだと思います。
そして、最近は、気になっているブランドが何個かあり、でも以前の様に10万円もするバックは購入せず、2,3万前後のリーズナブルで、使いやすいバックを購入するようになりました。人生の節目節目で、厄払いや、同窓会をする機会がありますよね。そういう時に、もつバックとして、これからの年齢にふさわしいバックを見つけたいです。男性目線ではどの様なバックが魅力的なのでしょうか。

プレイステーション4の今後について

5月26日、ソニーの平井社長が今後はゲーム事業を拡大する方針を発表しましたが、
ゲームが大好きな私にとっては朗報です。

しかし、アクションゲームやレースゲームは苦手なので、
映画やドラマみたいにシナリオが面白いアドベンチャーゲームを作って欲しいですね。
あ、推理ゲームなんかも良いですね。
PSPの「アナタヲユルサナイ」みたいに、
少しシリアスだけど気軽に探偵ができるような推理サスペンスゲームとか。

それとPS4本体の価格を下げて、通信などにかかる費用などもどんどん下がるようにして欲しいと思います。
でないと、ユーザーが今以上に増えず、ゲーム事業の拡大がなかなか進まないでしょうから。

たとえば私もPS4 を欲しいのですが、まず最初に本体の価格が高いので、まだ購入していません。
たぶん今年か来年には値下げすると思うので、それを待っているわけです。
5000円でも安くなれば、そのまま衝動買いしてしまいそうですが、今の価格のままだとちょっと厳しいです。

あとは冒頭に書いたように、ゲームソフトですね。
欲しいソフトがたくさんあったら、みんなPS4を買うと思います。
ソニーには、ヘビーユーザーの声だけでなく、声なきユーザーの本音をもっと探って欲しいですね。

我が町のおうちコープ

我が町内会はもう40年以上前から開けた町です。
元勧銀土地が一山を住宅地にしました。
毎年のように売り出しています。
私が土地を買ったのが昭和49年、51年に家を立てました。
私たちが土地だけを買ったのが最後で、後は建売住宅になりました。
毎年10棟~20棟くらいづつ売っています。まだ3分の1は残っています。
皆1戸建てです。
毎年売っているので、世代も入り混じっています。
私たちも30才台で買いました。しかしもう40年近く住んでいますので、歳をとりました。
若い世代もいます。小学校はまだ満杯です。

歳をとった人たちは車を手放す人も出だしました。
私もその一人です。
前は車で駅のそばのスーパーや生協を利用していました。

ちょっと離れたところに生協があります。
カミさんも長距離は歩くのがしんどくなりました。
しかしカミさんにとっては、ちょっと遠いです。
バスもそっちの方には行っていません。

前のお宅の奥さんがおうちコープを利用していました。
前の奥さんも車を手放しました。
それで利用することになったとか。
その紹介で私の家も利用することになりました。

その週に翌週の選んだ物のお知らせを渡します。すると翌々週のお知らせを置いていきます。
そこからこれはというものを選んで注文するのです。
すると翌週に食料品等を運んでくれます。
地域等によって曜日が違います。
私と前のお宅は、毎週水曜日です。

まあ変わったものとか高級なものは、そうはありませんが、一般的なものは大抵あります。
車のない年寄りには、大変重宝しています。
今後はこのようなサービスがはやってくるのではないかと思っています。

スカイツリーに行ってきた

先日東京スカイツリーに行ってきました。テレビや雑誌でしかこれまで見たことが無く、近くへ行くとあまりの高さと大きさに驚いてしまいました。存在感と言いますか、どっしりとした建物で驚きました。スカイツリーには東京ソラマチというショッピングセンターが併設されており、非常に混雑していました。とても細長い施設でした。飲食店もたくさんあり、ランチタイムには多くのお店で行列ができていました。家族連れだけでなく、外国人や団体客まで色々な方がいてスカイツリー人気をあらためて知らされました。
天気のいい日だったので展望台に上ろうと思い値段を確認したところ、思ったよりも高額だったのでやめました。それでもせっかく来たのだからとレストランが集まっている30階、31階に行けばいい景色が見られるのではないかと思い行くことにしました。1階から直通エレベーターで向かいます。スピードも速く耳がツンとしました。降りると大きな窓から下町の景色だけでなく、新宿のビル群など東京中が見渡せる絶景が広がっていました。ここはもちろん入場無料ですし、レストランの窓際の席に座れば食事をしながらこの絶景が観られるということでかなり楽しむことができました。