Month9月 2014

初めてマラソンにチャレンジ

今年の東京マラソンにチャレンジしました。
もともと走り始めたのは数年前で、きっかけはダイエットでした。当時は食べ過ぎ飲み過ぎでとても不規則な生活を続けていたせいでとても太ってしまっていました。薄着になる夏も近づいてきていましたし色々なダイエットにチャレンジしたのです。全部失敗したり効果がなかった中で、最終的に痩せられたのがランニングでした。それ以来、リバウンド防止も兼ねて週に数回走り続ける習慣は行っていました。しかし、それでも数キロです。趣味程度でしたし、非常に軽い気持ちで東京マラソンにエントリーをしたのです。その数か月後に当選のメールが来た時には正直焦りました。やめようかという思いもあったのですが、周囲の応援もあってチャレンジすることになりました。
当時、少し太っていたのでダイエットからのチャレンジでした。本やインターネットでフルマラソン完走についての情報を入手しながらトレーニングを続けました。個人的には10キロを走り続けたくらいから楽になりました。それまでは本当にきつかったです。本番はとにかく時間や順位にこだわらず、とにかくアクシデントが無く楽しく安全に走りきることを目標にして無事に完走することができました。楽しかったです。

過去のダイエットについて

ちょっと前にものすごく太ってしまったことがあります。
冬だったこともあり、食べ過ぎても厚着だったためにごまかせていたせいもあります。冬はクリスマスやお正月や忘年会、新年会などみんなで集まって食べる機会が非常に多いです。さらにあるファストフード店のキャンペーンでフライドポテトがどのサイズでも均一料金というものも重なって、自宅で一番大きいサイズをひとりでたくさん食べてしまったのも原因のひとつではあります。そのせいでお腹を中心にかなり大きくなってしまい、健康のことも考えてダイエットにチャレンジすることにしたのです。
ダイエットというのは非常に孤独です。ジムなどへ行けばきっと効果的なアドバイスや励ましなどがまだあるのでしょうが、太った姿をなるべくなら人に見せたくないという気持ちから自力で挑戦し始めました。外国人が出演しているビデオや当時テレビで紹介されていて流行っていたダイエット法など、手当たり次第に試したものの失敗し最終的にランニングをすることで痩せることができました。やはり全身運動は効果があるようで、水泳も痩せられると思います。ゆっくりでもいいから30分以上走る事と、空腹時に走ることでよりダイエット効果が上がるそうで実践していました。

朝の食事を摂ることについて

寝起きで食欲がわかなかったりすぐに外出しなければならない忙しさが理由で以前は朝食を全く食べていませんでした。
学生時代も同じような感じです。社会人になってからもやはり午前中から集中力やパワーがなんだか出てこない気がずっとしていて、朝食を食べることにしました。
ところがほぼ初めてなもので、どんな朝食を食べたらいいのか分からずいろいろととにかく試してみました。
定番の和食の納豆などからキムチ、ヨーグルト、牛乳、ごはん、お味噌汁などなどを食べてみたもののいまいちしっくりきませんでした。嫌いではないんです。ただちょっと違うような気がして色々と食べてみた結果行きついたのがパン食でした。サンドウィッチ、イングリッシュマフィンを毎日食べています。
パンの焼き加減も毎日の気分で調節ができ飽きることなく今のところは食べています。パンの間に挟む食べ物も選ぶ楽しさもあり、バリエーションもたくさんあるのでいいです。朝の時間がないときに簡単に作れて経済的でもあるので助かってもいます。普段はベーコン、卵、レタス、マヨネーズ、こしょうが定番です。
キュウリも歯ごたえがあってよく使っています。食べる時間のないときには紙に包んで外出先に持って行けますし、これからもしばらく続けそうな習慣です。

私も負けずに泣いてみた

最近、息子が一人で遊ぶようになりました。これはすごく助かります。
ですが、同時に寝ぐずりがひどくなってきました。これはすごく困ります。
今までは、とんとんしながら子守唄を歌ってると、30分もせずに寝てくれてました。ミルクを飲みながら、そのまま寝てくれることもけっこうありました。
それが最近は、1時間以上抱っこしても寝てくれないことが、しょっちゅうです。眠いんじゃないのかなって思って、お茶を飲ませてみたり、部屋が暑いんじゃないかなって思って、エアコンを強くしてみたり。いろいろやってみたんですが、だめでした。
一度、ほんとに泣きたくなったとき、もういいやって思って、泣きたいのを我慢せずに、息子の前ですが、泣いてみました。そうしたら、泣いてた息子がぴたっと泣きやみました。
たぶん、びっくりしたんだと思います。ですが、私もびっくりしました。
それから、どうしてもしんどいとき、たまに息子の前で嘘泣きをします。これは、ほんとにびっくりするくらい効果があります。
いつまで嘘泣きが通用するかはわかりませんが、かなり有効な奥の手です。こういう手段を一つ知っているだけで、気持ちがすごく楽になります。寝ぐずり、まだ続きそうなので、ほどほどに活用しようと思います。

伊勢神宮の簡単な紹介

伊勢神宮、聞いたことはある方は多いと思いますが、実際に行ったことのある人は近隣県の方を除くとそれほどいないのではと思います。私の場合は東京からだったので、名古屋経由で行きました。新幹線で2時間弱、外宮の最寄り駅まで名古屋から1時間半。だいたい4時間くらいでつきます。ちなみに、伊勢神宮にはいろいろと宮と呼ばれる建物がありますが、メインは外宮と内宮です。外宮だと駅から徒歩10分くらい、内宮だと最寄り駅よりバスで10分くらいです。外宮と内宮の間はバスで10分くらいです。ただし、時期によっては渋滞するので、時間はまちまちです。外宮はだいたい明治神宮と似たり寄ったりの広さです。外宮と同じ敷地にもいくつか宮があります。ちなみに、伊勢神宮の鳥居は木の色そのままで赤くありません。理由は不明ですが、伊勢神宮が本家本元のはずなので、どこかで赤く塗る宗派が出てきたのですかね。外宮と同じ敷地にはせんぐう館という博物館的建物があり、建物の中に遠くからしか見れない内宮の建物とか見ることができます。内宮は外宮の数倍の広さがあり、大半が森で覆われており、すぐそばに五十鈴川という川が流れているので、心持涼しく感じます。今の日本の夏だとそれでも暑いですけどね。近くにはおかげ横丁というお土産や飲食店等がある通りがあり、いつも人でごった返していますがお勧めです。夏場なら赤福氷が一番です。抹茶のかき氷の中に赤福のあんともちが入っています。