ぽいぽい忍者ワールドという娯楽が往年スーパーファミコンで発売されていました。
通常のカセットとは違って、専用のスーファミターボと呼ばれる機具を通して読み込まれるシステムで
当時ポピュラーを呼びました。ディスプレーのなかばを2つのカセットでshareしはまるという新奇があったのですが、

只あまり活用されていなかったような記憶があります。組織としてはボンバーマンに似ていて、相手に石や爆弾をぶつけて体力が無くなるまでのサドンデス競合になります。ちょっと違うところは自陣があって、そこを損傷されてもアスリートが死んで仕舞うという項目ですね。

また、使用する気質によってステップや体力が異なるという感じをもっています。お話ムードで開放しないと使えないキャラとかもいて、仇敵のときはチートだと映るくらいに強かったタイプも自分で使ってみるとそばが雑魚すぎてバカバカしく向かうというのが印象的でした。
全体的には結構面白くてやりこんだ覚えがあります。エディットモードでオリジナルの課程を焼けるのも楽しみな要素です。